このデータベースは、当博物館の総合研究

「博物館における新しい地学教育」の成果を公開した

特別展「人と大地と」をもとに作成したものです。

この総合研究は、

大地のすばらしさを、より多くの人に、

分かりやすく伝えるための方法を模索するものでした。

「いつでも、どこでも、いくらでも」をキャッチフレーズにして、

これまでにない新しい視点をもつこと、

新しい方法論をみつけること、

新しい道具を使うこと、

新しい体系を作ること

を目標として取り組んできました。

その成果の一つとして、特別展「人が大地」では、

人が大地を、どのように見て、どのように感じ、

どのように表現してきたかを、さまざまな視点、切り口で展開しました。

このような切り口の展示が、

市民が大地をより理解できるための導入となると考えました。

 この特別展をもとに、データベース「人と大地と」を構築しました。

大地の営みがつくりだした、さまざまな景観や、岩石、鉱物などを、

新しい観点で見ることにより、さらに自然への好奇心が増すことが

できるようになっていただければ幸いです。


神奈川県立生命の星・地球博物館
学芸員 平田 大二