〜大地の中の芸術〜
3-A 水晶のいろいろ
EPACS
*[人と大地と]もくじ     
水晶(すいしょう)は、石英(せきえい)の結晶(けっしょう)のことです。石英はケイ素(Si)と酸素(O)が結びついたケイ酸(SiO2)という成分でできています。結晶とは、鉱物をつくる原子(げんし)が規則正しく周期的(しゅうきてき)にならび、平面によってかこまれているものです。水晶は、無色透明(むしょくとうめい)で六角形の柱状の結晶が有名ですが、その他にもいろいろな形や色をしています。紫水晶(むらさきずいしょう)や黄水晶(きずいしょう)も水晶の仲間です。また石英の仲間には、蛋白石(たんぱくせき)(英名はオパール)やメノウなどがあります。

bar.gif (5303 バイト)

大きな結晶

bar.gif (5303 バイト)

さまざまな産状

bar.gif (5303 バイト)

さまざまな色

bar.gif (5303 バイト)

いろいろな形

bar.gif (5303 バイト)

鉱物入り水晶

bar.gif (5303 バイト)

水晶の塊

bar.gif (5303 バイト)

水晶の仲間

bar.gif (5303 バイト)   

EPACS Museum of Natural History
EPACS自然史博物館